• よくある質問
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
Menu

キャンパスライフCAMPUS LIFE

キャンパスライフ

毎日が大好きなファッションの
ことばかり!

最高の学生生活がココにあります!

街でも学校でも、大好きなファッションに囲まれて過ごす毎日…ある日きっと、知らない間に成長している自分に出会うことでしょう。田中千代ファッションカレッジで過ごす2年間、思う存分ファッションに浸ってみてください。

CTCフェスの様子
テラス席にて
階段でのツーショット
男子学生
校門前
ランチタイム

在校生に聞いてみました!Q&A

島村くん
Q1. 今までに取得した資格と今後の目標は?
A1. これまでに、パターンメーキング技術検定2級、ファッションビジネス能力検定2級、ファッション色彩能力検定2級、TOEIC620点を取得しました。次はパターンメーキング技術検定の1級とTOEIC800点を取りたいと思っています。
Q2. 資格の勉強をしていく中で、工夫した事や大変だった事は?
A2. 電車の中などのスキマ時間を活用しました。勉強しにくい 満員電車を避けて、朝早く学校に来るので、授業前の朝の時間も活用できました。勉強を“継続する”という事が大変なので、異業種の資格取得を目指している地元の友達などと励ましあって勉強しています。また、くじけそうな時は、資格がある事で円滑にいく、就活の際の自分をイメージしています。
Q3. 将来の夢は?
A3. 初めはデザイナーを目指していましたが、今はパタンナーになりたいです。

アパレル総合科担当
児玉政子先生

児玉政子先生

勉強意欲の向上にもつながる資格取得、自分の知識・技術を確認

資格取得を勧めるのは、就職のためだけではなく、自分が勉強した事の確認にもなりますし、意欲の向上にもつながるからです。自分の目標に合った資格にチャレンジしてほしいです。成果は日頃の本人の努力次第ですが、授業だけではなく、検定試験前にはその準備をしっかりフォローします。


松田さん
Q1. 親睦会で1番楽しかった事は?
A1. みんなでゲームをした事です。先輩たちが企画して盛り上げてくれたので、とても楽しかったです。
Q2. レクリエーション(今年はBBQ)で 楽しかった事は?
A2. 今年は雨だったのであまり遊べませんでしたが、お肉とかを焼きながら、みんなとたくさん話す事ができてよかったです。
Q3. CTCフェスのファッションショーでの苦労話と良いエピソードは?
A3. とにかく時間がなくて苦労しました。フェスの打ち合わせが放課後にあり、下校時間ギリギリまで長引いたり、衣装の作成も思うように進まなくて焦りました。でも、みんなが協力してくれたおかげで、ショーの練習も思ったよりもスムーズにできて、無事成功させる事ができました。

ファッションビジネス科 担当
佐藤 崇 先生

児玉政子先生

学生の親睦を深める様々なイベント、主体は学生たち

他のクラスや他学年とも交流できるような、学生間の親睦を目的とした、様々なイベントを企画実施しています。メインイベントであるCTCフェスは準備も大変です。我々も衣装を確認したり、サポートはしますが、イベントの主体はあくまでも学生達です。


佐藤さん
Q1. CTCに入学した理由は?
A1. 少人数制というところと、体験入学で訪れてみて、そのアットホームな雰囲気が気に入りました。また、立地も原宿と渋谷の間にあるのも魅力でした。
Q2. 入学して良かったことは?
A2. 少人数制なので、先生方が丁寧に教えてくれますし、質問などもしやすいので、しっかり知識と技術が身に付きます。お店を見る視点も変わりました。
Q3. 1日のスケジュールは?
A3. 自宅が遠いので、毎日早起きして学校へ行っています。そのため放課後のアルバイトも、早めの時間にあがれる、学校近くにあるブランドが運営するカフェで働いています。
Q4. 将来の夢は?
A4. 卒業後はファッションアドバイザーになりたいですが、 将来的には自分のお店の経営もしたいです。

ファッションビジネス科 担当
伊藤 美散 先生

児玉政子先生

学校生活とアルバイトの両立、充実した2年間

私がファッションを学んでいた頃は、課題も多く、アルバイトをする時間もない程時間に追われていたのですが、今は学生もアルバイトするなど、充実した忙しい日々を送っているので、応援したくなりますよね。


鄭さん
Q1. CTCに入学した理由は?
A1. 原宿と渋谷の間というファッションの中心地にあるからです。やはりファッションを学ぶのには、流行がいち早くわかる場所にいるのが1番良いと思います。街を歩く人もオシャレで、そこにいるだけでも気持ちがアガります。
Q2. 学校生活の中で苦労している事はありますか?
A2. 日本語能力試験のN1を取得していますが、授業ではアパレルの専門用語がたくさん出てくるので、最初とても苦労しました。また経済的にも週3日以上アルバイトをしないと苦しいのですが、留学生は時間に制限があるのでそれを守りながら、ルームシェアしたり、生活も工夫しています。
Q3. 卒業後の具体的な目標は?
A3. 日本のファッションが好きなので、できれば日本でデザイナーとして働きたいです。将来的には自分のブランドが持てたらうれしいです。
Q4. CTCに入学する留学生に対してのアドバイスは?
A4. もしわからない事があったら、恥をかくのを恐れず、その場ですぐに先生に聞いた方が良いです。とても親切にきちんと教えてくれます。

学校生活担当
石森 徳子 先生

石森 徳子 先生

なにごとにも積極的な留学生に感心、その頑張りを精一杯サポート

留学生の方は、授業とアルバイトの両立に忙しいにも関わらず、外部コンテストにも挑戦したり、頑張り屋さんが多く感心しています。日本語能力試験N2以上であれば受験できますが、入学試験も入学後の授業もすべて日本人と同じ内容です。本校は随時都内の日本語学校でガイダンスを行っており、日本での就職もサポート強化しています。