• よくある質問
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
Menu

アパレル専攻科APPAREL MAJOR

アパレル専攻科

アパレル専攻科はアパレル総合科の2年間で学んだことを基礎として、将来の目標を想定しながらさらに実力を磨くことができる1年間のコースです。

発想力や提案力を育むために、ファッションブランドのプランニングや個人研究、卒業制作を行います。より実践的にファッション業界について体感できます。

学生たちが企画・運営する卒業作品ショーは、様々な知識・テクニック、そして自己のイマジネーションを表現し1 年間の集大成を発表する場になります。

コース紹介

デザインコース

デザインコース

より視野を広げ、デザインを表現する高い感性や独自性を追求し、将来は企業やオリジナルブランドのデザイナーになることを目指します。

1年間で学ぶ主な科目

ドレーピング
平面構成
アパレルプランニング
インダストリアルソーイング

アパレル素材企画
卒業制作演習
デザインCG 演習


テクニカルコース

テクニカルコース

レザーや薄物など特殊素材の縫製技術の他、実践的なパターンやCAD技術を身につけ、基礎力と応用力が備わった技術者の養成を目指します。

1年間で学ぶ主な科目

ドレーピング
平面構成
パターン研究
CAD演習

インダストリアルソーイング
アパレル素材企画
卒業制作演習

卒業制作

3年間の集大成として、各自がこれまで培ってきたデザイン力、技術力、コミュニケーション力を存分に発揮し、作品制作に取り組み、ファッションショーや展示形式での発表に臨みます。

卒業制作
卒業制作
卒業制作
卒業制作

担当の先生からメッセージ

卒業制作演習担当 仲宗根 珠子 先生

服作りの全てを経験することで、高い応用力を身につけていきます。

専攻科の卒業制作では、デザインから制作、スタイリングにモデルまで、自らのイメージを思いっきり表現することができます。自分をどう表現すれば思い通りに伝わるのか。そしてそれがどう評価されるのか…。
自ら考えて行動することで着実に実力が身についていきます。ファッションで自己表現をするための客観性と服作りの高い応用力を磨いていけるのが、アパレル専攻科なのです。

卒業制作演習担当 仲宗根 珠子 先生