• よくある質問
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
Menu

インターンシップINTERNSHIP

インターンシップ

ファッションビジネスの現場を
経験し就職意識を高める

本校はより精度の高い就職サポートの一環として、1年次に企業研修(インターンシップ)を実践しています。ファッションビジネスの現場を体験し、学んだことを実際に応用することでファッション業界へのより深い理解や職種の選択、企業研究などに活かすことができます。また社会人としてのルールやマナーを身につけることもできます。
企業研修を実践する前には、販売のプロとして長年活躍する方を講師に招き、取り組むに当たっての心構えなどの事前指導もおこなっています。

インターンシップ体験

髙橋 勇磨さん

ファッションデザイン学科 
 髙橋 勇磨さん
[企業研修先]株式会社ファイブフォックス

インターンシップでは販売員の体験をさせていただきました。主な作業は開店前の掃除、声出し、フェイスアップなどの表の仕事とストック整理や棚卸しなどの裏の仕事です。
一番の収穫は、お客様が満足する接し方や空間作りなど「プロ意識」を知ることができたことです。
商品の品質や接客のハウツーで様々なアドバイスをいただきましたが、特に印象深いことは、店舗の設定目標以外に自分で目標を立て、達成するには何をどうするべきかを考えて仕事をすることです。これも「プロ意識」だと思いました。
初めは、なかなか結果が出ませんでしたが、アドバイスや自分なりの工夫で最終日に店舗内の個人売上トップになることができました。内容も結果も充実した経験となり、働くことに対する意識や自信がつき、接客のプロになりたいという思いがますます強くなりました。

内定した先輩からのメッセージ

落合 咲来さん

ファッションビジネス学科 
 落合 咲来さん
[内定先]株式会社ストライプインターナショナル

2 年生になると同時に就職活動を始め、いくつかの企業の説明会に参加し、ストライプインターナショナルがその一つでした。5月に面接を行い、6月に最終面接をして内定を頂きました。
ストライプインターナショナルに決めた一番の理由は会社の雰囲気がとても良かったことです。面接の際に緊張していた私に優しく声を掛けてくれ、その一言で気持ちが楽になり、そんな雰囲気の会社で働きたいと思いました。
そして、現在はインターンシップが始まり、実際に販売員として仕事をしています。インターンシップを通して、学校で学ぶ全てのことが大切だと実感しています。
これからは学校で勉強したことを活かしてすてきな販売員になれるように頑張ります。

インターンシップ体験までの流れ

企業連携

就職後のイメージをより明確にするため
企業と直接触れ合える機会を多く設けています。

企業連携授業

それぞれの分野の現場で仕事をされているプロの方々より直接指導いただき、アパレル業界での仕事の流れや取り組み方を学ぶ企業連携授業です。授業の中で実際の作業を通し、今まで気づかなかった考え方や方法に新たな発見もあります。