• よくある質問
  • 交通のご案内
  • お問い合わせ
Menu

インターンシップINTERNSHIP

インターンシップ

ファッションビジネスの現場を
経験し就職意識を高める

本校はより精度の高い就職サポートの一環として、1年次に企業研修(インターンシップ)を実践しています。ファッションビジネスの現場を体験し、学んだことを実際に応用することでファッション業界へのより深い理解や職種の選択、企業研究などに活かすことができます。また社会人としてのルールやマナーを身につけることもできます。
企業研修を実践する前には、販売のプロとして長年活躍する方を講師に招き、取り組むに当たっての心構えなどの事前指導もおこなっています。

インターンシップ体験

インターンシップはプロとして働く
意味を教わった貴重な体験でした

稲飯 紬さん

ファッションテクニカル学科 
 稲飯 紬さん
[企業研修先]株式会社ブティック社

田中千代ファッションカレッジの先生に勧められてインターンシップすることになったのは出版社のブティック社でした。編集者さんに付いて撮影やスタイリストのアシスタントで洋服のアイロンがけをするなどいろんな経験をさせてもらいました。普段、読んでいる雑誌がこういう過程で作られるのかとわかって勉強になりました。インターンシップで一番の収穫は、プロの仕事の丁寧さを知ったことです。学生だと「こんなものかな」と途中であきらめるかもしれませんが、プロは絶対に最後まで手を抜きません。彼らの仕事を通して「働く自分」を意識することができるようになったと思います。今回の貴重な体験を将来の仕事に活かしたいと思います。


現場を知ることで見えてくるものは
数え切れないほどあると思います

金井 まほさん

ファッションビジネス学科 
 金井 まほさん
[企業研修先]株式会社ナイスクラップ

インターンシップでは、開店前の掃除、届いた洋服と伝票をつきあわせてのチェック作業、ストックの整理、そして販売など、たくさんありました。でも一番勉強になったのは、プロが実践しているお客様との接し方だったと思います。アドバイスされたのは日々、目標を設定して、それを達成するために何をするべきか考えることです。来店したお客様との会話のきっかけ作りやフェアなどの勧め方を細かく教えてもらい、現場の空気の中で仕事を実感できたのは本当に良かったと思います。一日だけですが個人の売上がトップになったこともありました。インターンシップに参加した最大の収穫は「この世界で生きていこう」という決心が固まったことです。

インターンシップ体験までの流れ